MxTxR

マキシマム ザ XXX !!!

誕生日

 

お父さん、あなたの人生は幸せでしたか?

毎回そんなことばかりを考えてしまう。

生きていたら父親の誕生日だった。

 

だいたいのことは、笑って聞いてくれたし、性格が似ているのでだいたいのことは分かるって言ってくれた。

母の居ないわたしと父の関係は多分普通より歪だったかもしれない。

あんな見た目で中身はガラス細工のような人だったから、生きにくかったかもしれない。

母が死んだ時くらいしか泣いているところを見たことがない人だった。

 

ややこしい娘2人を男手一つで育てるのは大変だったと思う。

わたしと姉が幸か不幸か歳が離れていることと、祖母と同居していることで、だいぶ助けられていたとおもう。

着飾ることに無頓着な人だったけど、母親が亡くなってからは特に父は時が止まっていたような気がする。

結局大した親孝行もできなかったな。

 

わたしは生きていてもいいのだろうか。

 

 

 

お彼岸

 

9月9日、わたしにとってはELLEGARDENでもなく9mm parabellum bulletでもなく、母親の命日だ。

 

我々は各々「まあ自分が覚えてりゃあいいか」と思っているので特段何をするわけでもなかったし、なんとなくお線香をあげたりするだけだけど。

今年は母が亡くなって20年の節目の年です。

その節目の年にわたしは30歳になり、父が亡くなったのだからまあいろいろそういう巡り合わせの年なんだろうなと思う。

(もう一つ「自分の結婚式をした」というのもあるけどそれはあえてこの年の9月を選んだ、というのがあるので無理やりねじ込んだ感が強い。)

 

自分の家族のことをあけすけに話すのはなんとなくダサいと思っていて、というのもうちの家族がわりと特殊だから好奇の目に晒されたくなかったということと、実際に深く聞かれたところでどう説明しても訳あり顔になってしまうからというのもあり、「触れてこないのであれば言わなくていいや」というスタンスでずっと生きてきたし、多分これからもそうだろうなと思う。

 

当時10歳、自分の親が病死するなんて経験したことのない同級生はわたしのことをどう扱っていいのかわからなかったようだった。当然だと思う。

周囲の大人も「母親が居ないのに健気な女の子」という役割を押し付けてきているようで、なんだかそれがとても嫌だった。

わたしには「可哀想な子ども」のロールモデルを強要するくせに、母親の代わりに保護者会や参観日に来てくれていた年の離れた姉には「学生なんだから時間があるだろう」と苦労を押し付けたがるところも嫌だった。年が離れているといってもまだ成人したばかりの姉は間違いなくまだ子ども側なのに。

当時実家から片道2時間近くかけて学校に通ってた姉に対して、この扱いは今でも腹立たしく思う。

小学生当時は漠然と「なんか嫌だなあ」と思っていたけど多分それは上記の理由によるんだろうなと思う。

そういう中で「ああ、これは母親が死んだことは伏せておこう」みたいな気づきを得ていったような気がする。

 

大人になってからは皆わりと普通に、普通に接してくれるのであまり隠さなくてもいいかなあと思うけどそれでも心ない一言をぶつけてくるひとは居たのは居た。片親のくせに、とか家庭環境に問題があるからお前にも問題がある、とか。大人になってそんなことを言われるとは、といま思うと微笑ましくさえ思う。

いや嘘、夜道にはせいぜい気をつけてほしいと思う。

 

死んだひとというのはずっとずっと心に残り続けるけど、べつに誰かの死を乗り越えたりしなくてもいいなあと思う。 

とりあえず節目の年だから今日はお彼岸行ってお姉ちゃんとケーキたべます。

 

 

お母さん、お願い

 

 

タイトルはわたしの敬愛するバンド、BRAHMAMの入場曲に使われている楽曲のタイトルの日本語訳です。

言葉はわからないけど、これを聴くとああライブが始まるなあ、という気持ちとともに、涙も一緒に流れていきます。

 

自分と向き合うことはとてもつらいことで、半生はなんとなくつまらないものだと思っていたし、未だに写真に撮られるのはあまり好きじゃないしカメラのレンズは睨みつけてしまいたくなる。

インターネットの普及によって、写真は消耗品に成り下がり、リテラシーのレベルが違う人に撮られるのが苦痛になった。

 

ところがアルバムに綴じられた写真の中の自分は楽しそうで、大人になった自分を欺くには十分すぎるくらい、良い顔をしていた。

その頃から20歳過ぎまでつけていた紙の日記を読み返すと、発展途上の精神をぶら下げて悩みを抱えてきたことは容易に想像できるのに、写真からその悩みを垣間見ることは難しかった。

年齢の割に多くの死と向き合ってきたが、これまで自身の生と向き合う機会はせいぜい就活の時に上部だけ眺めただけだった。

どんなふうに生きてきたのか、なんとなく学生時代は「嫌だったな」とかそういう印象が漠然とあるだけだった。

 

写真を見ていると、楽しいことも悲しいことも、身を切り裂かれるよりつらいことも、普段は無意識の中に押しやって生きているのだなあと思わされる。

わたしは30年生きてきたんだ、それだけで少しだけ殊勝な気持ちになる。これで充分だとも思う。まだまだ足りないとも思う。足りないくらいがきっと丁度いいな、と基本的には考えている。

 

最近アルバムを見返さなければならない機会が多くて、その中に思っていたより笑顔が多くて安心したという話です。

これからも未来の自分を欺き続けて生きていくよ。楽しかったことばかり並べて生きていく。

 

 

父の死で感じたこと

 

5月上旬、突然父が亡くなりました。ゴールデンウィーク明けの夕方に、本当に突然。

病院の方が丁寧に心肺蘇生をしてくれたけど、意識は戻ることなくそのまま息を引き取った。

 

よく考えると祖父も同じくらいの年齢で突然死だったので、祖父より2年も長く生きたのは父なりの親孝行かもしれないなと思う。

 

夕方というのも父らしいし、小雨が降っていたのも父らしい。月命日が母より1日早いのも詰めが甘くて父らしい。

そして一度心肺停止して、そのまま回復しなかったところも、母が亡くなって、わたしが成人してからは特に、生に執着のなさそうだった父の最期らしいな、と感じた。

 

父の死は本当に突然で、そりゃ死ぬほど悲しかったし、ああまた生き残ってしまったなと思ったし、ご臨終ですと言われて、最初は暖かかった手がどんどん冷たくなっていくのがつらくて仕方なかったけど、今はわりと気持ちの整理が付いていると思う。

普段は研修の親子ビデオでも泣くわたしだが、葬儀でもお骨上げでも泣かなかった。

闘病していたわけでもなく、心臓以外は元気だったからか、母や曽祖母の時より随分しっかりと骨が残っていて不謹慎だけど笑ってしまった。父らしい。そういえば父は牛乳をよく飲んでいた。

わたしも「小さいくせに骨がめっちゃしっかり残ってる」と言われたいから牛乳飲もう。

 

親の死というと、わたしの年齢では経験したことがあまりない人のほうが多いと思う。80代になっても夫婦健在という方もたくさんいるみたいだから、結構いろんな人が「どう慰めていいかわからない」みたいな感じになる気がする。

わたし自身も、母親を亡くしたあとに「ああこれ父親が死んだらきっと立ち直れないな」と思っていた。10歳だったわたしにとっての絶望は間違いなく父の死だった。

でも人間ってある意味めちゃくちゃ薄情なもので、一月も経てばあんなに家族で落ち込んでいたことも忘れてしまう。「人間は忘れることで生きていける」と言うけれど、本当にその通りだと思う。「痛みを忘れていく」という防衛本能が、わたしにも正常に働いていてよかった。それに、父が死んでから悲しいことばかりじゃないと思う。人の死は家族や心を変質させるけど、それは決して悪い変化ばかりではない。

高齢の祖母をひとり置いて先に逝ってしまったのは確かに端的に言うと「何でやねん」という感じだけれど、でも父が生きていたら祖母とこんなにたくさん話をしただろうか、と思うし、そもそも父が生きていたらこうして家族が同じ日常を共有することもなかった。

家族間の繋がりは希薄な家だったかもしれない。

べつに仲違いしていたわけでもないし、姉とも父とも仲は良かった。だけれど家族というものに個々で思い入れがあるかと言われると微妙なんじゃなかろうか。家族旅行に行った記憶もない。家族で出かけたのは法事くらいしか覚えてない。あと母のお見舞いかな。

それが取り立てて寂しいと感じたことはないしこんなもんかなと思っていたけど、夏休みに家族旅行に行く家の話を聞いていると家族間の結びつきは薄いような気もする。

だから父が亡くなって、実家に帰ったりするようになって、姪や甥ともう一度家族を追体験しているのだと思う。

 

姪の学校の帰りを待ったり甥の好きなことの話を聞いたり姉と旦那の夫婦のやりとりを見たり、ああこういうのいいなあって思ったりしてる。祖母とテレビ見ながらあの芸能人は顔がいいとかこないだドラマに出ていただとか、そういう話をするのも楽しい。これって父がいたら多分してないことなんですよね。

父が突然亡くなったことも悲しいし、骨壷の中に収まる程度しか父親だったものは残っていないし、立派な戒名がつけられて、位牌が届いても、まだひょっこりと帰ってきそうな気がする。そして「帰ってきてたんか」って言われそうだし。

その喪失感はきっと向き合うことができないくらい深い。だからわたしはひとまず忘れることにしたのかもしれない。

だけど、それ以上に得たものがないわけじゃないです。遺族っていつも俯いていないといけないわけじゃないし、いつまでも四六時中メソメソしているわけじゃない。

成人して自分で子どもを産む前に、家族を追体験できたことはきっと稀有な経験でしょう。父の死に向き合えているかと言われるとわからないけど、死は向き合うものではなく、受け入れるものだと思う。時間しか解決できない類のもの。

数年後にめちゃくちゃしんどくなるかもしれないし、今からわたしに子どもができたら、また精神的に不安定になるかもしれないけど、今はわりと落ち着いている。これは結構本心から言っている。

 

世の中にはいろんな人がいる。

不治の病の人、死にゆく人、家族が死んだ人、いまも苦しんでる人。その苦しみや悲しみ、葛藤はたくさんあることでしょう。わたしは所詮経験していないことはわからないし何も気の利いたことは言えない。

常々思っていることだけど「可哀想」のレッテル貼りってほんと身勝手だ。わたしはレッテルを貼られる側であることが多かったから、余計に敏感になっている部分と多分にある。

きっとわたしも知らない間に決めつけていることがあるのだろうなとおもう。

結局遺された我々は各々の人生を生きていくしかないし、結局生きてみないとわからない。

その先が彼らのいう「可哀想」な人生なのかは結局生きて感じてみないとピンとこないよ。

 

もう少しで父の四十九日です。

人が死ぬことは決して不幸なことばかりでもないよ、不幸かを決めるのはいつだって自分じゃなくて他人だという話でした。

 

 

垢バレについて、思うこと

昔からアカウントを監視されていた、とか社内の人に見られている気がする、とか元カノに見られていたとか、よく聞きます。

思わぬところへの自分のアカウント情報の流出、個人的死にたくなる出来事ランキング上位です。

自意識過剰なんで笑ってくれてかまわないんですが、わたしも怖くなってアカウントに鍵をかけました。ご無沙汰してます。みじょでございます。

今日は垢バレやネットストーカーについて思うことがあるのでしたためておこうとおもい久しぶりに文章にすることにしました。

わたしもうっかりハンネがLINEを介して家族にバレたりFacebook父親から申請がきたり(うっかり拒否してしまいましたごめんお父さん)してしまったことがあるので下手するとこのブログも姉や父やほかの身内バレているかもしれません。

ただ彼らはわたしが最も嫌なことが必要以上にプライバシーに踏み込まれるということだ、ということをわかってくれている(と勝手にわたしが信じている)ので、Twitterのアカウントやブログのことを知っていても「いつもみているよ」などとわたし本人に告げることはないでしょう。

だからわたしもあえてブログがある、とかTwitterやってるよ、とかはいいません。


わたしはどちらか一方がTwitterFacebookなどのSNSの認知している場合、認知している側が「あなたのことを見ています」と告げなければそれは見られていないのと同じだと思っています。知らぬが仏。


でも多くの場合、身バレしているなこれ、って気づくんですよね…身バレって恐ろしい響き。

見られているかもしれない、と思った瞬間、えもいわれぬ恐怖に襲われますよね。

わたしもかつてミクシィが猛威を振るっていたころ、マイミクじゃないひとに「いつも見ているよ」「最近はTwitterによくいるんだね」といわれてなんとも言えない気持ちになったことがあります。



あの……ほら……やるならもうちょっとうまくやれよ……


人によって感じ方はそれぞれだと思いますが、人のプライバシーの覗き見をしているという気色の悪さはたしかにあれ、ただ見ているだけならぶっちゃけトラブルにあまり繋がらないと思うんです。

元彼や元カノやらのFacebookを見かけてしまって以来ちょこちょこ気になって見てた、みたいな人だっていると思う

人は他人の生活をこっそり覗き見する、という行為に対して快楽を抱く動物だと思います。だって背徳感と快感ってセットだから。

見たい…と実際に見ることはたしかに悪いことかもしれないけど、そう思うことはごく自然な人間の心理だと思うんですよね。

見てはいけない!と思うと見たくなります。出なきゃパンドラの箱は開かれることはなかったでしょ。


ただ、それを「みている」と公言したり覗き見た情報を晒しあげたり、情報をもとにアクションをするのはマナー違反なのでは?と思うんです。



見られたら嫌だ、と思うのもまた人間の心理です。
粘着されたらもっと嫌でしょう。


でも、インターネットがオープンな場所になったおかげで結構やりがちですよね、自分の情報の垂れ流し。

たとえば顔写真。
たとえばごはん何を食べたか、とか。
たとえばいま〇〇にいます、とか。

そりゃもちろん特定の人に粘着する人のほうが圧倒的に悪いと思います。
良い悪いではないかもしれませんが、自分がされて気持ち悪いことをしていますと公言できるその神経は間違いなくやばい。

だけどつけ入る隙を与えているのは、自分だったりするかもしれないのです。
そう考えるとインターネット怖い。

そうなんだよ、インターネットすごく怖い媒体なんだよ。
特にtwitterがメジャーなツールになってからは、とてもとても怖いものになったと思います。

ツイートでも触れましたが、かくいう私もポケモンGOがはやったときに個人をほぼ特定してしまったことがあります。

ジムに配置されているポケモンのIDをtwitterIDにそのまま利用している方がいらっしゃいまして、面白半分でtwitter検索かけたら本当にその人の生活が詳細に書かれていて「うっ…」と思ったことを覚えています。

たまたま私に悪意と興味がなかったから「へ、へえ…」と思うだけですみました。

でも私が悪い大人だったら、ツイッターのスクショをまき散らしていたかもしれない。
ネットリテラシーが低ければ、悪いことだと思わずにtwitterポケモンGOのスクショ画像をツイートしていたかもしれない。
無自覚な悪意ほど怖いものはない。



わたしはインターネットに自他問わず顔写真を載せないようにしています。
自分の写真を載せないのは、まあ自分の顔がそんなに良くないのもありますが…誰かの写真を載せない一番の理由は無自覚な悪意にさらされたくないから。

引用ツイートで晒しあげられるのはまだ「やめてくださいね」とリプライを飛ばすことができるからまだマシだけど、スクショで「こいつらなんなの」とでも書かれてしまえば誰かが晒されていると発見してくれない限り気づくことは不可能に近いと思います。

あーキモイなこれは、と思ったからすぐ消してしまったけど、わたしは晩御飯の画像一つあげるのも、帰路についたことや電車に乗ることも、少し時間をずらしてツイートしている。

わたしが例えば誰かのストーキングをするとしたら、ツイート内容から日常生活のリズムを探るから。
生活習慣は?いつ起きてるの?何時くらいに寝るの?どこの沿線使っているのかな?この写真はどこで撮られたのかな?前回のツイートから〇時間も空いてるけど誰かといたのかな?みたいな。


女性の方は生理がきた、とかも場合によっては言わないほうがいいかもしれない、頭のおかしい人間はどこにだっているから。

RT元が探せなかったのだけれど、女性フォロワーさんの生理周期をツイートから推測して記録している人とかもいるみたいだし。数年前のRTで見たので、ツイートはもう消えているかもしれないけど。

インターネットで遊んでいる以上、誰かのアカウントに気づいてしまうこともあるし、その逆もしかりだと思う。

興味本位で見てしまうこともあるかもしれません。その気持ちを、行為をわたしには否定できません。

でも「アカウント見つけてツイート2年分さかのぼって読んだ」とかそういう発言は「あなたのプライバシーを覗き見しました」と言っているようなもんだからね。

そういう空気読めないおバカちゃんも思っていたよりたくさんいるんだなということは心にとどめていたほうがいいなと思う。


少し趣旨がずれてしまうけど、この際だから芸能人に軽率に心無いリプライ送る人も同様に軽蔑している。


わたしはネットがなければ本当につまらない人生を送っていたタイプの人間だから、たくさんの人と知り合えたことには感謝しているけど、同時にいろんな失敗もしてきたから切実にそう思います。

自分の身は自分で守らなければならないんです。


これは追伸だけど、twitterの公式クライアントで設定によってはだれかのいいねが流れてくることもあると思うんですけど、それを本人に「お前なにふぁぼってんだよw」と伝えることも恥ずかしいからやめてくれー!!!だってそういうのが好きなんだもん仕方ないだろ!!!!逆にグッときた人、友達になろうね。

まとまりのない文章ですみません。
読みにくい文章を最後まで読んでくれてありがとうございました。

楽しいインターネットを。

お題:好きなバンド

お題「好きなバンド」

お題が書きやすそうなやつだったからちょっとだけ書いてみることにするね!

好きかどうかはさておいて、たくさん聴くバンドはそれなりにある。でも、本当に好きなバンドは数少ないのかも。

高校のときはMDに曲を入れていて、この間久しぶりにMDを見つけたので実家で再生したら、BRAHMANストレイテナーACIDMANlocofrankが入っていた。

いまでも聞いているし新譜がでたら欠かさず買っているバンドばかりです。
そのMDにはいくつか洋楽も入っていて、フランツフェルディナントとか、マルーン5とかが入ってた。
フランツもマルーン5も新譜を追っかけたりはしないものの、いまでも歌詞歌えてびっくりした。

新しいバンドを追っかけたりしているけど、根っこはやっぱりこのへんなんがすきなのかも。

いまはもう曲をMDで聴くことはなくなったけど、MDに入ってたバンドは、今後もずっとすき。

iPodiPhoneに曲を入れるの、便利だけどMDやカセットテープのラベルに曲名書いたりする楽しみはないよなぁ。
でも、たくさんある曲の中からいまの気分を引っ張り出してくるのは楽しいからいいのかな。

もう20代も後半だけど、わたしが青春に出会ったバンドのように、今後もずっとすき!って思えるバンドとたくさん出会えるといいな。

家計簿とよもやま話

 

つけた。えらい。

 

自分でほめないともう誰もほめてくれない年齢になった。

さみしい。

 

家計簿ついでに火事を掃除・炊事・洗濯と大きくカテゴリ分けして、日々ちゃんとやったらチェックするリスト作った。

 

日々何気なくやったりやらなかったりするけど、こうやってリスト化すると日々いろいろやってるなあと思った

 

ペルソナ5も佳境に。

韓国語はちんたら勉強してる。